こんにちは、C2J 掲示板へようこそ    「新規登録」    「ログイン」
cmall
閲覧回数:22 | コメント数:0
sakusshi

sakusshi

2015-10-29 16:12:37

W020140118251522427063.jpg

カナダの人気チャンネル「Asap Science」はこのほど、1000年後の人類の仮説に関する動画を発表した。1000年後の人類は現在と大きく異なり、人工知能の影響を受け、体の半分がロボット化する。地球温暖化の影響を受け、皮膚の色が暗くなり、身長が伸び痩せ型になる。目は遺伝子の突然変異により赤くなり、さらには超能力を持つようになるというのだ。

     人工知能の発展に伴い、ナノロボットが体内に埋め込まれ、人体の能力を増強する可能性がある。人類は肉体の制限を受けず、生物とロボットが融合した半ロボット人になるかもしれない。また赤ちゃんに手を加えることで、未来の人類はより聡明・美形・健康になる。しかしそうなれば、多様性の欠如が新たな疾患の温床になり、全人類を滅ぼすかもしれない。

     地球温暖化に伴い、人類は放熱性を高めるため、身長が伸び痩せ型になるだろう。人類の外見にも大きな変化が生じる。ワシントン大学セントルイス校のアラン・クワン博士(計算ゲノム学)によると、脳の発達により人類のおでこが拡大を続ける。同氏はまた、人類が太陽系全体に移住し、かつ太陽から遠く離れた暗い場所で生活することになるため、目が驚くほど変化すると考えている。目は光を放ち、横方向にまばたきをするといった信じがたい機能を持ち、宇宙環境に適応する可能性がある。

     このような遠い未来の仮説もあるが、人類は2050年にも新技術・行為、あるいは自然選択により進化する可能性がある。国際脳研究機構の研究者は、「我々は40年内により長寿になり、高齢出産が可能になる。また人工知能により、シンプルかつ平凡な作業を実行できるようになる」と述べた。


この投稿をコメントする