こんにちは、C2J 掲示板へようこそ    「新規登録」    「ログイン」
cmall
閲覧回数:184 | コメント数:0
112233

112233

2015-05-07 16:03:02

浙江横店集団が300億元(約5800億円)を投じて1対1の原寸大スケールで横店に建設した「円明新園」第1期が10日から一般公開される。

横店「円明新園」は北京・円明園の建築物の95%を再現し、敷地面積は413ヘクタールで、100の園区に分かれ、春苑、夏苑、秋苑、冬苑の4エリアから構成される。

10日にまず公開される「春苑」は「円明新園」内で面積が最大で、45の独立した園区からなり、皇室建築、高官建築、商売建築、民間建築の他に人工の湖「福海」も含まれる。

「円明新園」全体は2016年に全て完成する予定で、同園では多方面から民間の文化財や芸術品を収集し、レプリカや購入、寄贈受付といった方法で円明園内部の施設を「再現」する。

 2.jpg

3.jpg3.jpg

1.jpg


実に2008年、北京の円明園管理当局が「円明園」再建プロジェクトに反対意見を述べた。 

「円明園は民族の屈辱の歴史を象徴する貴重な遺産。別の土地に再建しても何の意味もない」

プロジェクトを主導している横店の民間企業は、「当社はすでに『横店円明園新園』という商標を登録した。北京の円明園の知的財産権は侵害していない」と反論しているという。 

5.jpg

円明園は清朝の離宮跡で見事な皇帝庭園が築かれていたが、1709年に清朝4代皇帝康熙帝が造った庭園。その後も歴代皇帝が手を加え続け、さまざまな建物が建てられた。四庫全書などの貴重な書物や文物も多数収蔵され、東洋一の博物館とたたえられたことも。1854年のアロー戦争で英仏連合軍によって破壊された。現在は廃墟となっている。

1430985692nv2pds77_tuhaokuai_com_0x0.jpg

この投稿をコメントする